講師紹介

市川・数理フォーラムの講師陣

数学科 羽立 健三 代表

大学(院)在学中から数学教育の重要性を唱え、首都圏内の予備校の教壇に立つ。解法の鋭さはもとより解説の的確さがうり。
先生の教室からは東大・国立医学部等 毎年多数の難関校合格者が喜びの声を上げています。
大学(院)・研究所等で講義・研究指導を行う一方で文科省教育改革モニターを通して、数学教育に情熱をふるっています。また大の酒好きで本郷・駒場界隈の飲み屋で知らない所は無いとのこと。

英語科 多田 博之 主任

最大手予備校で長年ハイレベル総合英語、早慶英語等を担当する。東大・早・慶における英文の読みの深さは他の講師を圧倒。しかしながら予備校における時間および教材への制約から必要かつ充分な講義が行えず理想の塾を求めているときに羽立氏からの強い要望(引き抜き)により当塾でスーパーハイレベルを担当。“毎回の授業が常に真剣勝負”がモットー。

国語科 大塚 千葉教室 室長

国語の授業は考えるもの、一方的な講義は全く役に立たないと先生は豪言する。一教室5名で行われる授業では常に先生からの出題が飛び交いそのパワー溢れる講義は100%完全合格を生む原動力となっている。広汎な知見から繰り広げる現代文は、key-word、key-sentence、要約文ときめ細かい作業を通して小論文作成の基礎を作り、古文、漢文は、大把みにストーリーを把えることを主眼に、生徒一人一人の要望に応えたい。これが先生の持論。